Blogブログ

みっつんのリアルサロンワークを日々お届け!!

表面にチラチラ浮いてくる白髪対策

白髪染めを明るくすると白髪が染まり切らずに表面にチラチラ浮いてくる

そんなお悩みは、白髪ぼかしハイライトが効きます(^^)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

宮崎市佐土原の知る人ぞ知る

隠れ家マンツーマン個室ヘアサロンみっつんち

ショートは俺に任せろ

みっつん

三石利徳(ニックネームみっつん)です

40代からの髪の悩み【ボリューム・白髪・うねり】

お悩みの人。お任せください

お店の詳細はブログの最後にあります

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

明るくすると白髪が浮く理由

それは単純に【明るいお薬ほど白髪染めの量が少なくなるから】

だから明るくなるほど白髪は染まりにくくなる。

元々、白髪染めは【白髪が均一に50%くらいある人】を想定して作られているので

↑50%ってこう言う事

仮に8レベルって書かれた白髪染めで8レベルに見えるのはこの50%の人で

白髪がほぼ100%の場合、実際には10レベル以上に仕上がるし

 

逆にゲストみたいな

正直言ってまだそこまで極端に多くない人が8レベルで染めると実際には黒が多い分、まだ暗く染まる。

問題なのは白髪は10レベル以上で染まっているので、そのギャップで白髪が浮いて見える。

更に毎回【リタッチ】つまり根本だけ染めてると毛先側は色落ちするので更に明るくなります。(その場合、黒髪も明るくなってるけど)

 

とまぁ、それがこのゲストのビフォーの状態

正直、後から確認したら白髪がほぼ見えなくて説得力がありませんが^^;

 

こんな条件の時に力を発揮するのが【ハイライト】

部分的に明るくしていく事で

その問題となってる【白髪の浮き】をデザインに変えてしまえます!

↑シャンプー前はこんな感じ↓

めちゃスジスジです

 

で、この後シャンプーしながらトナーで髪に色を入れていきました

 

仕上がりがこちら

うん、写真じゃ分かりにくい(涙)

程よく光が当たって出口付近で撮らせてもらった写真がわかりやすかった!

で、洗うたびにトナーの色が落ちてきて、落ちても白髪の浮きなのか?ハイライトなのか?わからない状態になるので、こうすればまだ生え初めの時期の白髪染めでも明るく浮かずに染めることができます!

 

明るく白髪染めしたらチラチラ浮いてくる白髪対策カラーのお話でした!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ダブルカラーのみ 12100

髪の具合によってはブリーチをお断りすることがあります

※今まで暗く染めていた・自分で染めていた方は、明るい白髪染めは完成まで日数がかかります

途中、自分で染めた場合、また1からやり直しになるケースもあります

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

最後まで読んでくれてありがとう!!

今日も明日もあなたにとって良き一日となりますように^ ^

みっつんち

宮崎県宮崎市佐土原町下田島21619-46小牧台ハイツ

営業時間 9:00~20:00(時間外応相談)

営業日スケジュールはこちらからチェック

←click

LINE 

2回目以降の方はネット予約がご利用できます!

 

予約方法はこちらをチェック⬇︎

店休日

※臨時休業などの情報はLINEでのみお知らせしています

 

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

月別

ブログに載らないプライベートショットが満載のインスタ!

⬇︎画像をポチッとすると、インスタにリンクしてます⬇︎フォローよろしく!!

みっつんのインスタグラム