専門用語

専門用語

 

 

サロンワーク中のゲストとの会話では、なるべく専門用語は使わないように気をつけてます

ブログ中では、仕上がりの結果なので使ったりしますが(^^)

 

って言うのも

専門用語で一括りにしてしまうとゲスト自身に負のイメージを持たせてしまって

○○するのは抵抗ある〜!!

 

って選択肢を狭めてしまう事があるから

 

例で出すと【ハイライト】もそうなんだけど

 

ハイライトって一括りにしたら

ホイルに明るいお薬を挟み込んで他より明るい髪の束を作るって行為ですが、

ハイライトでも

目立たせたいのか?馴染ませたいのか?

でホイルの入れ方や枚数って変わります

 

ツーブロックや、ショートカットってのも

大きな専門用語カテゴリーの一つ

 

 

 

○○って似合わないって言われたことある

○○で失敗した事ある

 

なんて事を言う方もいますが

 

スタイリストが変わればスタイリストの数だけヘアスタイルも、その捉え方もあるって事は知っていて欲しいです(^^)

 

ゲストが安心するまでなるべく専門用語は使わないようにして、安心したところで「これって、一般的に○○って言われる技術なんですよ〜」なんて言う事はあるけど

 

専門用語よりも

それをする事で何が起きるのか?

 

それを大切にしたいですね(^^)

 

そんな独り言でした(^^)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました