床屋のイメージが変わった

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

宮崎市佐土原の知る人ぞ知る

隠れ家マンツーマン個室ヘアサロンみっつんち

ショートは俺に任せろ

みっつん

三石利徳(ニックネームみっつん)です

40代からの髪の悩み【ボリューム・白髪・うねり】

お悩みの人。お任せください

お店の詳細はブログの最後にあります

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【床屋のイメージが変わった】

昨日のゲストさんとの会話の中

天然ブリーチ
白髪は神さまから授かった最高の素材です &#30333...

 

ゲスト「理容室って、結婚式の前に顔剃りに行く場所ってイメージだったけど、みっつんの事を知って、実際に切ってもらって理容室のイメージが変わったなぁ〜」

って言葉をいただきました(⌒▽⌒)

 

嬉しいですね(^^)

本当に嬉しい!!

 

ただ、今でも大半の理容室=男性

それは間違いのない事実。

 

理容師が専門学校に入り国家試験を受けて

理容室に入って男性の髪を切って腕を磨いていく

 

その過程において基本的に女性のカットを実戦レベルで学ぶって事はありません。

 

みっつんに至っては

最初からメンズの理容室に入り、働きながら通信で専門学校に通い国家試験を受けて、そのままそのお店でメンズばかり相手に10年近く働いてきた。

 

その間に女性の髪は切った事がない

そもそもお客さんに女性が居ないんだから、覚える機会は自分から学ばないと作れない。

 

それは美容師にとっての刈り上げも同じで

とある理容師から美容師に転向した方が、美容師に向けて刈り上げのやり方を教える動画がYouTubeに上がっていたけど

理容師なら誰でも知ってるようなことに美容師さんから「初めて知りました」ってコメントがズラリ

 

刈り上げは、理容師なら国家試験を受けるために必須科目

 

それほどまでに

理容と美容の仕事って、似てるようで全く別のお仕事なんだ。

 

修行で入ったお店に最初から女性のお客さんがいて、お店のカリキュラムとして女性のカットを学ばせるって理容室も中にはあるけど、それはかなり少数派

 

理容師として男性ばかり切ってきた俺が女性のお客さんを集めて、結果出してリピートしてもらう

この1年半、本当に色々な経験をしてきた

カットモデル計画始動
こんにちは Chào bạn チャオ バン 僕は三石です T&ocir...

それって、例えばお寿司屋さんがある日突然ケーキを作って売り出すようなもの

 

俺はやってやる!!って信じて諦めずにやってきて良かった

301 Moved Permanently

 

そう思った時間でした!!

 

 

月別

カテゴリー

コメント

Recommended
白髪は神さまから授か…
タイトルとURLをコピーしました